カテゴリ:●ロゼポンの体調記録( 6 )

ロゼポンの体調 9月~2月

ロゼポンの体調の様子を。

ロゼポンは至って元気。
暑い間はお散歩に思うように行かれず運動不足だったけど、涼しくなって長いお散歩に行かれるようになると、足の筋力が落ちてるのでは?と、心配になる場面がちょっとあり、なるべく坂道や階段を登れるルートを選んでお散歩するように。

9月12日、半年ぶりの心臓の超音波検査を受ける(定期検査)。
今回が3回目。1回目から2回目は良くなっていたが、2回目から今回の3回目はあまり改善が見られないので、薬(アーチスト)を現在は朝夕半錠づつだったのを朝1錠、夕半錠に増やす。

10月、11月、12月は変化なし。薬を頂きに通院。



d0176767_19132644.jpg



1月30日に、また心臓の超音波検査を受ける(定期検査)。ついでに、腹部も診てもらう。
心臓は特に変化なし→現在の薬のままで様子見。
腹部→膀胱付近に影(腫瘍約2.5cm)を発見。→何なのかは不明。避妊手術の名残かも?突き詰めたい場合は大学病院を紹介するとの事。膀胱の中ではなく、内臓の隙間?→1か月後にまた超音波検査を受けることにする。



d0176767_19142137.jpg



2月7日、血液検査を受ける。→尿素窒素が45、クレアチニンが1.8と2017年4月に受けたときの数値より大きく上回っている!腎不全との事。。。
処方食に切り替え、クレメジンという薬を飲むことに。このクレメジンとは、消化管内で尿毒症毒素およびその前駆体(元となる物質)を吸着し、便とともに排泄されると。なので他の薬とは一緒に飲んではいけないそうで、30分から1時間は空けないと、一緒に飲んだ薬まで吸着して便とともに排泄されてしまう。。。。なかなか大変な薬だけれど、他の薬同様、生涯のみ続けることになるのでしょう。
(血液検査を受けるきっかけは、体重の減少から。これは私のせいでもある。ロゼポンのお散歩量が夏と冬とで全く違うので、食事の量を調節しないと夏場に太ってしまうのです。で、この夏のフードの量を冬になってもそのままで増やさなかったために、体重が減っていたのです。。。)


こちらがクレメジン。
d0176767_19154346.jpg
カプセルごと飲めるが、ロゼポンにひとカプセルあげてみたところ、噛んだら歯にくっついてしまい四苦八苦。。。なのでカプセルから出して少しの豆乳に混ぜることに。とても微粒。豆乳につられて綺麗に舐めてくれるので助かります。


d0176767_19161484.jpg

処方食のサンプルをいくつか病院で頂き、自分でも探して小さいサイズをネットで購入してみた。
一番手前の青い袋のフードは心臓病にも合うフードで成分もとっても良いのだけれど、粒が大きくて。。。。細かく砕いてあげなきゃならないので、ちょっと大変。どれも美味しそうに食べていたので、ローテーションしてあげてみようか。
d0176767_19180928.jpg
いきなり、腎不全の処方食100%にしてしまうと、オイルが多く血液がドロドロになってしまう恐れがあるので、今まで食べていた老犬用と半々で食べることに。


d0176767_19150923.jpg
腎臓病の食事で気を付けなければいけないことは、低たんぱく、低ナトリウム、低リン、低カリウムとの事。
お昼ごはんとしていつも食べていたバナナヨーグルト、バナナはカリウムが多いので食べられない。。orz
そして痩せないようにとの事で、今までよりも量的にはたくさん食べられるようになって、それは良かった。


腎臓病用のおやつもあったので、買ってみました。
d0176767_19185075.jpg


難病指定の心臓病に加え、腎不全まで!!おまけに謎の腫瘍持ち。。
薬は4種類!
こんなに元気なのにね。。。
元気なことが1番。大好きなバナナは食べられなくなったけど、美味しいものは他にもあるからね。

d0176767_19135032.jpg
追記
腎臓病の処方食、ハッピードッグ サノN
無添加で・・・・以下HPより。。。。腎臓や肝臓の機能が低下すると、体から老廃物を排出する機能が低下し、老廃物中の毒素が血中に蓄積されるので、体に負担がかかります。適切なフードを与えることで、体に悪影響が出ないよう配慮しましょう。「サノN」は、高品質な原材料から得られる良質なタンパク質を控えめに配合し、カルシウムとリンのバランスを最適に調整したドイツ獣医師おすすめの療法食です。タンパク質、リンの含有量を大幅にカットしているので、慢性的な腎臓病や肝臓病の愛犬の毎日の食事に最適です。塩分も控えめなので、心臓機能の低下が気になるシニア犬にもおすすめしています。
との事。良さそうなんですが、いかんせん一粒が大きい。
コートのボタンぐらい。今までのはおしゃれなブラウスの飾りボタンぐらい。

d0176767_13432699.jpg
それを麺棒で袋の上からガンガン叩く!

d0176767_13434501.jpg
おこぼれを貰えると思ってニコニコと待つロゼポン。


d0176767_13435553.jpg
ガンガン叩いても、これぐらい。
d0176767_13440541.jpg
処方食を食べて喉に詰まった老犬は居ないんだろうか?








☆本日のフィットネス☆
〇コンビネーションエアロ(山口IR)
何かと用事があって山口IRのエアロは約1か月ぶり。












[PR]
by rozepon | 2018-02-06 18:41 | ●ロゼポンの体調記録 | Comments(0)

ロゼポンの体調。。。6月、7月、8月。

ロゼポンの体調の様子を。

至って元気に食欲旺盛で毎日を過ごしています。
d0176767_14464017.jpg


6月5日にフェラリアの薬(ネクスガード)を6か月分貰いに来院。そしていつもの心臓、肝臓、胆のうのお薬3種と白内障予防の目薬を貰いました。

このフェラリアの薬、ネクスガード。。。。
新薬なので、どれほどの副作用があるのか?データーがないのでわかりません。
大丈夫だから病院から処方されるのでしょうけれど。。(?)

一昨年まではフェラリア予防は錠剤でした。
そしてノミ・ダニ対策はフロントライン。それがフロントラインの会社から両方が一つにまとまった予防薬が出たのです。それもジャーキーのようなチュアブルタイプ。ロゼポンもご褒美のように喜んで食べてます。

フロントラインは付けたら翌々日までシャンプーできなかったので、アクティブ(ボール遊びすると泥だらけ土だらけ)だった若いころのロゼポンは、今日はシャンプーできないから。。なんて言葉は辞書には無く、それはそれは夏場は難儀なフロントラインでした。それが翌日からシャンプーできる新薬、フロントラインプラスがお目見えし、これはこれは!と喜んだのもつかの間。フロントラインプラスはきつすぎて、と言うか強すぎて、吐いたり具合悪くなるワンちゃんがちらほらと。ロゼポンは大丈夫でしたが、だっこして椅子に座っていると私が気持ち悪く鳴る始末。そんなことで、以前のW動物病院ではフロントラインプラスは止めちゃって、フロントラインに戻っていました。その経緯から、ネクスガードは夢のような新薬!と思いますが、ネクスガードで皮膚についてるノミ、ダニ、ミクロフェラリアまで落とすことができるっていう事は。。。って考えると恐ろしくなります。。
でも飲まない方が怖いフェラリアとダニ。なので飲むことは飲みますが、飼い主の自己責任で毎月ではなく、1.5か月おきに飲むようにしました。でも6か月分一度に購入すると1か月分差し引かれるので(お得!)半年分購入。

d0176767_14471715.jpg

7月3日またいつものお薬3種と目薬を1か月分もらいに病院へ。
心音は酷くはなってないけれど、前回の検査から半年開けた9月にまた超音波検査をしましょうとの事。
では次回は8月ね。と病院を後にしたのですが、翌日の7月4日の朝、トイレシーツでおしっこしたのですがピンク色!その後お散歩へ行くと、どんどん赤くなって、最後はしっかり血尿!でも元気だし食欲はあるので、夕方まで様子を見て病院へ行きました。病院へ着く前の尿は透明になっていたけれど、一応、膀胱の超音波検査をするも原因は不明。もう血尿は治まりつつあるので、抗生剤と消炎剤を出してもらったけれど、このまま血尿が出なければ飲まなくても良いとの事。→そのまま血尿は出ませんでした。

d0176767_14473002.jpg
8月7日、いつものお薬を貰いに病院へ。

この夏は具合が悪くならなくて良かったです。毎年夏はヒヤヒヤ。
涼しい日も湿度は高いのでクーラーを23度でつけっぱなしにしたのが良かったのか?お散歩時間を短くしたから良かったのか?老犬には運動量が足りないぐらいがちょうどよいのかも?なんて思ってしまいます。

6月頃からお散歩のときに右後ろ脚が、かくッとなるときがあったり。
6.7.8月とお散歩短くて筋力が衰えたのか、長い階段を昇るとき、コケながら昇ります。
下りの階段は最後の2段をジャンプするところ、この頃はその階段のある公園は自分から行かなくなりました。。
毎回のお散歩後、お風呂で足を洗った後、浴槽にジャンプするとき、たまに登れなくて危ない目にあってます。
13歳、まだまだ元気。でも心配も色々色々!!
頑張ってロゼポン♪







☆本日のフィットネス☆
〇コンビネーションエアロ(林IR)
火曜日の林IRのエアロに参加できなかったので、おまけに来週も出られそうにないので土曜日版に参加しました。ほとんど火曜日のメンバーさん。いつも週2で林IRのエアロに参加できたら良いなぁーーーーー!!













More
[PR]
by rozepon | 2017-09-09 14:06 | ●ロゼポンの体調記録 | Comments(0)

ロゼポンの体調 4月その2。そして5月

前回の右わき腹の赤みが完治してからわずか9日後に予定していた手術で来院。

病院ばかりです。
今日の手術のメインは鼻横の黒い腫瘤除去。麻酔をかけたついで(と言ってはなんですが)に、他の気なるイボも切除してしまいましょうとなり、お腹と首の後ろのふたつ。それから1月の終わりに痛くなったぐらぐらしている下前歯も3本の抜歯。以上。
麻酔によっての頻脈の状態を見ながら、順番を決めて、出来なければそれはしょうがない。との事でした。

手術は午後からなので、朝食を本当は抜くのですが、ロゼポンの場合、と言いますか、全ての生き物の場合、食事を抜くのは一大事。なので早朝の3時ヨーグルトを水で薄めたものを少しあげました。
その形式がロゼポンには大事なのです。ロゼポンが何かお腹空いてるんだけど。。って来ても「さっき、食べたよね」と言えば「そうだったけ。。」と。

でも、病院へロゼポンを送り出してから、あのヨーグルト水で喉が詰まったら。。。と心配にもなりました。。。
d0176767_1237620.jpg



この下の歯3本が無くなっちゃったらどうなるんでしょう。
いつも舌がでちゃう状態??
d0176767_12372916.jpg


いぶちゃんからのお言葉。
d0176767_12374648.jpg


つむちゃんとピーちゃんからもエール。
d0176767_1238438.jpg


病院にいる間が短い方がいいと思い、ギリギリの10時半に入院。
ロゼポンを置いて、私は帰宅しました。

何かあったら電話します。との事で、自宅でそわそわ。。。
16時、ミカ先生から無事にすべて終了したと連絡があり、「ではすぐにお迎えに行きます」と言ったら、もう少しのんびりしてからの方が良いので7時ごろ来てくださいと。。。


お迎えに行ってきました。ちょっと眠そうなロゼポンでしたが、車の中ではいつものように助手席で前を見て座っていました。
家に帰ってすぐにご飯。そして爆睡。大変だったね~。


除去した腫瘤とイボふたつを細胞検査に出した結果が1週間後にでるそうなので、次回はそのころに来院予定。抜糸もその時に。抗生物質を1週間分もらいました。


おなかの絆創膏が痛々しいです。
おばけみたいな恰好で寝ていますが、おばけではありません。生きています!!
d0176767_12381911.jpg



首の後ろの患部と鼻横には絆創膏はなし。
傷と糸が見えるので。。。
d0176767_12384246.jpg



どこが目でどこが鼻でどこが傷?
なのでなぞってみました。
d0176767_123985.jpg



この絆創膏、すぐに剥がすんでしょうね。。。と予想していましたが、全く手も口も鼻も付けづ。
なのでエリザベスカラーは無駄になりました。
d0176767_12412416.jpg


これは4日後の写真ですが、首の後ろはツルっと毛を剃られてます。
d0176767_12415439.jpg



毛に血液がついているところが生々しいです。。歯はありません。
d0176767_12421658.jpg



当日は寝ている間に良く咳をしていました。
心臓が悪いと咳をすると聞いていたので、麻酔によって心臓に相当な負担があってダメージを受けたために出ている咳なのかと、とっても心配しました。
ちょっとネットで検索してみると、気道確保で気管に管を入れるのでそれが原因で咳が出るとあり、スコンクさんも以前手術した時に、手術後にむせる様な咳がでたと言うので、それかな。。。と。

翌日まで元気ありませんでした。
食欲はありました。

3日目から少しづつ元気になり、1週間後に抜糸に行く頃には手術前と変わらない様子に戻りました。咳の話をすると、ネットの通りの説明でした。咳もこの頃には止まっていたのでね。良かったです。

抜糸は一気にせず、3針の間、1針分を切るような感じで、2週に分けてするとの事で、また1週間後に通院です。
病理検査はどれも良性との事でした。良かった~~。。。

そして5月8日、抜糸完了。狂犬病のワクチン接種。いつもの3種類のお薬を1か月分もらいました。

気になるものと悪い歯を取ってもらってすっきり。ロゼポンは大変だったけどね。。。











☆本日のフィットネス☆
○ZUMBA(佐々木IR&仲田IR)
夢の競演(笑)本当に夢のようです。大好きなIRがコラボで!!!
このチケットを求め、4月中旬yupinさんと並びました。チケット入手が目的ですが、入手順にスタジオに入るので早い番号が大切なのです。10番以内に入れたのですが、スタジオの入り口で仲田IRとちょっと話している間に。。。。3列目でした。大入りでうじゃうじゃ。お祭りだからしょうがないです。個人的にミラーボール持参の方もいたり(笑)楽しかった~~1時間20分。あっという間でした。

○ZUMBA(佐々木IR&白鳥IR)
そしてその後、すぐに着替えて佐々木IRを追いかけ次のジムへ~。
こちらも佐々木IRと白鳥IRのコラボで75分。
最後の方は足が攣りそうなくらい、もうげっぷが出るほどでした。大満足。





おまけの画像は右わき腹の傷跡。色素沈着はしているけど、毛が生えてきた~
d0176767_12423150.jpg

[PR]
by rozepon | 2017-05-03 12:17 | ●ロゼポンの体調記録 | Comments(0)

2017年〆のさくら & ロゼポンの体調4月その1

今年のさくらも終わりに近づき。。。見納めです。

さくら開花直後に行ってきた公園へリベンジ。
行く途中で見かけた自然の威力!冬の間、枯れ枝のように見えていたところがこんなことに!
凄いです!
d0176767_839028.jpg



4/13 満開でした❤
d0176767_8393193.jpg


こんなに綺麗なのにだ~れもいません。
d0176767_8402584.jpg



満開になったから、小さくなった空の面積。
d0176767_8404210.jpg


地面は花びらの絨毯。
d0176767_8423699.jpg


小学校の桜も満開❤
d0176767_8425566.jpg




そして14日。この白い桜も満開❤
d0176767_8431678.jpg


見納めはやっぱりここで。
d0176767_8433721.jpg


ここはほぼ毎日通りがかるけど、他の桜はロゼポンと一緒だからお散歩で行くけれど、
一人だったら絶対に行かないところ。
ロゼポンと今年もさくらを追いかけてたくさん見ることができて良かったです。

ありがとう。ロゼポン。
d0176767_844623.jpg




で、ロゼポンの体調と通院の記録。

3/27の通院を最後に、次回は腫瘤除去手術の4/25まで、行く予定の無かった病院ですが、
4/7、右わき腹に500円玉ほどの赤い湿疹を発見。
熱をもっててぐじゅぐじゅ、ぶよぶよ。。。痛がらないけれど、一応診てもらいに病院へ。
病院と思ってないので、勇ましく(笑)
d0176767_8442622.jpg


ろ「えっ?」
d0176767_8473031.jpg


中から出ているものか、外からの炎症なのか、診てもらったけれど、先生も判断付かない様子。
なので、5日分の抗生物質(アモキクリア)と3日分の消炎鎮痛剤(オンシオール)を頂き、5日後に来院の約束。

4/12薬が効いたのか、どんどん治癒。5日後の来院時にはかさぶたになっていました。
先生が毛を剃り、剥がれてるかさぶたも取ってみたら、炎症は小さくなっていました。
一応、もう一週間分抗生物質(アモキクリア)を飲んで、1週間後に来院の約束をしました。
d0176767_8474891.jpg



4/19みぎ脇腹の炎症はほぼ完治。色素沈着してきて、黒っぽい肌になっていました。
いつものアーチスト、ウルソサン、コスパノンを各30日分頂きました。
次の来院は、何もなければ手術の25日です。











☆本日のフィットネス☆
○ヨガ(武田IR)
○ZUMBA(仲田IR)
ZUMBAはZUMBA GOLD以来。週に2回ZUMBAに出られて幸せ~。
ヨガも週に3回ぐらいできるのが理想!
[PR]
by rozepon | 2017-04-14 07:31 | ●ロゼポンの体調記録 | Comments(0)

ロゼポンの体調。。。2017年1月~3月

ロゼポンの体調と通院の記録。

前回は1月27日に心臓の検査をしたところまででした。
次回の通院は1週間後の2月に入ったら。の予定でしたが、27日の検査の3日後、また突然の病院でした。とほほ。。。

1/29から口を拭くのを嫌がり、いつものおもちゃの中にフードを入れたものでも遊ばないので、これは何かある!で、翌30日に診てもらいました。
下の前歯がぐらぐらしていて痛いのでしょう。。との事。抜けちゃえば痛みは治まるけれど、心臓の件で手術はできないので、痛みをったり炎症を抑える薬を飲んで様子を見ましょうとなり、炎症止め1週間分、抗生剤3日分頂きました。
d0176767_13122188.jpg


痛み止めが効いたようで、2~3日後には普段通りの生活、口を拭くのも、前歯を使うおもちゃも大丈夫になりました。1週間後の2/3に状態を診てもらいに通院。一応、薬は終わり。でもまた痛くなった時用に抗生剤を3日分頂きました。
それから心臓の薬アーチスト、2/5から3/1錠を2/1錠1日1回に増やしました。
d0176767_13124197.jpg


2/13来院。血圧は高め。心臓の薬、アーチストを2/1錠を朝夕の1日2回に増やす。
次回は2週間後来院予定。
d0176767_13131337.jpg


2/27来院。血圧は相変わらず高め3種類の薬をそれぞれ45日分頂く。
次回は3/27、2回目の心臓の検査予定。
d0176767_13134444.jpg

3/27、2時半循環器予約の心臓の超音波検査。薬が効いているようで、大分落ち着いているとの事。循環器の先生も笑顔で説明してくれて一安心でした。
で、担当医のミカ先生に変わると話は急展開で、心臓が落ち着いている今、鼻横の腫瘤を取ってしまいましょう!ですって。え~そう来る??そうなる??ロゼポンもびっくり!
良性か悪性化は分からないけれど(取り除いたら検査に出すそう)良性にしても大きくなったらそれだけ取るのは大変になるからと。今のうちにと。
日にちまで予約が入りました。4/25です。あらまぁ。。。
アーチスト、ウルソサン、コスパノン各30日分頂いて帰りました。

ロゼポンはもう手術ができない、することはないと聞いた1月。
それが3月末には手術の日取りまで決定し、わけが分からない中、術後には必要となるエリザベスカラーを買いました。あのプラスチックは不便そうなので。今のエリザベスカラー軽くて80g弱です。
ペット業界の日進月歩を感じます。
d0176767_1314285.jpg



12歳で心臓病もちで全身麻酔。悪性かもしれない腫瘤の除去手術。
なんか悲壮感ある、、溢れているように感じるロゼポンですが、元気な毎日を送っています。
桜が楽しみな季節になりお散歩も楽しめる時期、ご飯とおやつとお散歩が楽しみなロゼポン12歳。









☆本日のフィットネス☆
○ヨガ(武田IR)
○ZUMBA(仲田IR)
3月最後のジムでした。来期のプログラムが提示されドキドキで火曜日をチェック!ZUMBAはありました。良かった~。IRは代行でお馴染みの竹内IR。ほっとしました。金曜日は変わらず。
武田IRのヨガ、仲田IRのZUMBA、いつでもあると思ってはいけません。ありがたく受けさせていただきました。はい。
[PR]
by rozepon | 2017-03-31 12:44 | ●ロゼポンの体調記録 | Comments(0)

ロゼポンの体調。。。2016年3月~2017年1月

ロゼポンは今年13歳になりますが、元気です。でも心臓病ですって!

ロゼポンの通院記録としてこれから書いていこうと思います。

ここ1年前にさかのぼり。。。
ロゼポン、主治医を1年ほど前に変えました。
前のW動物病院の繋がりは、爪切り、耳掃除、肛門腺しぼりのお手入れを月1で通っていましたが、このセットをポニョんちにお願いするようになり、W動物病院へ行くことが無くなり、そんなこともあってT動物病院に変わったのです。
昨年の3月、今後の為、平常の値を残すために健康診断を受けました。
その時は、肝臓の数値がちょっと。。。でも薬を飲むまでいかず様子見。後は特に問題なしでした。
そして7月、元気がなく食欲もなく、、超音波検査と血液検査。肝臓の数値が。。。原因は分からず。応急処置で元気の出る注射wでいつも通りの体調にもどり、1週間、抗菌剤と消炎鎮痛剤を飲んで完治。
症状は良くなりましたが、肝臓を助けるための薬を今後飲みましょうと、「ウルソ50」を朝1錠、夜1錠、飲むことになりました。
このとき、聴診器で聞こえる心音に雑音が聞こえるとの発言が!
d0176767_15245525.jpg



そして先月、12月30日の夜、ロゼポンの鼻横にお米大の黒い粒を発見。私はてっきりダニだと思い、お正月中ダニと暮らすのは耐えられないので、明日の大晦日に開いてる病院をネットで探し、朝一で行ってきました。なんとダニではなく、「腫瘤」ですと!たぶん良性でしょう。。(こんなこと言っちゃ本当はいけないんだけどね。と初めての先生は仰ってくれてちょっとほっとしました)。
ダニじゃなくて、良かったんだか悪かったんだか。。心配だったら、年明けに主治医で検査してみたら?との事でした。(検査は、この米粒大の腫瘤に針を何か所か刺し、細胞を摂取して検査するというもの。刺したところがたまたま良性で、悪性のところに刺さらないこともあるらしいので、検査結果は100パーセントではないとの事です。ロゼポンが痛い思いをして100パーセントじゃなくそれも検査は15000円ぐらいでお財布も痛い!)
d0176767_15294173.jpg




年明けに、7月の時に気になった心臓の雑音、ちゃんと調べてみましょう。となり年明けに来院の約束がありました。
実はダニで診てもらった大晦日に行った病院の先生も、心臓の聴診で「聞いたことのない雑音がする」と。。。その話もあり、この日は心臓の検査の日取り決めでした。
それが1月27日。心臓の循環器科の先生が診てくださるそうで、予約の15時にチェックイン。私は待合室で待機していました。心臓の超音波検査、血液検査、レントゲン検査を受けました。
結果は聞いてびっくり!先生の表情も硬く、今までこの病院では3体しか経験がない病名の「左室心筋肥厚(心筋肥大)」それも蓄積病、膠原病由来?。図に書いて説明してくれました。心筋肥大でも外に大きくなるのではなく、中に肥大していくので、血管が押されて細くなり、例えると水まきの時にホースの先を抑えて遠くへ飛ばしている状態。1秒間に血液が5メートル飛ぶぐらいの血流だそうです。。猫には多いそうですが、犬には珍しいらしい。犬の心臓病は心臓弁膜症が多いそうで、ロゼポンは咳も出ないし、雑音もそれほどでもないので、先生も意外で驚いていました。
私は聞いていてもピンとこなくて、帰ってからネットで調べたら、人間だと難病にあたる病気なんだそう。手術はできないので、投薬で様子をみるそう(手術を勧められても年齢が年齢なので心臓手術はしないつもり)。心臓のために麻酔ができないので、他の手術も無理とのことで、鼻横の腫瘤を取る選択肢もなくなりました。。。
難病だ心臓病だと言われても、ロゼポンはいつも通りの様子で、元気いっぱい食欲旺盛、お散歩では引っ張るし、原っぱではボールを追いかけて走るし。。。
生活上の注意は特になく、お散歩時間を短くするとか、ボールはNGなどもなく、(先生はあれこれ止めさせちゃうと何が楽しくて生きているのか分からなくなっちゃうからと。)いつも通りの生活で良いそうです。
しかしいつ心臓が発作を起こすかは分からないので、油断は禁物。(薬はちゃんと飲む)
発作とは気絶する。心臓が元通り動き出すと目を覚ます。目を覚まさないかもしれない。
d0176767_15585816.jpg



で、これから飲む薬、左は8月から飲んでる肝臓を助ける「ウルソ50」、それに加え、肝臓とつながっている胆のうを助ける薬「コスパノン40」は朝半錠、夜半錠。そして心臓病の薬「アーチスト1.25」こちらは段階を踏んで徐々に増やしていくとの事で、3/1錠を1日1回を9日分。その後調子が良ければ(ふらつきや元気減退など)2/1錠1日1回8日。また様子を見て大丈夫そうであれば、2/1錠を朝、夜の1日2回に。これがMAXとのことです。順調だったので、2/1錠を朝晩飲んでいます。
その間、アーチストを増やす前に血圧を測りに度々、病院へ行きました。
犬の血圧は尻尾で計るらしいのですが、ロゼポンは尻尾が断尾されてて計れないので前足です。
人間の血圧測定器よりも大きな大きな機械ですが、腕に巻いてべりべり剥がすのは人間と同じでそれのミニミニ版でした。
d0176767_168336.jpg



これがロゼポンの薬トッピング状態のご飯。
なんでも美味しく召し上がってくれます(笑)
薬嫌がる子じゃなくて良かったとミカ先生(ロゼポン担当の美人女医さん)が安堵してくれました。
本当ですね。オレンジ色のふたつは白内障予防のメニわんeye。ちいさな粒粒はハトムギ。
フードはボッシュのシニアと肝臓病の子用のライト、シニアのトマト味のを交互に1か月おきに変えてます。これに豆乳を水で薄めたものをひたひたに加えてロゼポンのご飯はできあがりです。
d0176767_1610054.jpg




とても状態が良くない心臓病。それも難病で老犬。
いつでも病気は突然やってくる。
一日一日を大切に生きていかなくちゃね。
とは言ってもいつも通り、猫をかまって怒られて、来客のピンポンに吠えて怒られて、草を食べて怒られて、怒られてばかりのロゼポンです。








☆本日のフィットネス☆
○ヨガ(武田IR)
○ZUMBA(仲田IR)
仲田IR,私の顔を見ると「風邪大丈夫?」って。もう2か月も経ってるので治ってますよ(笑)
[PR]
by rozepon | 2017-01-27 14:28 | ●ロゼポンの体調記録 | Comments(0)